So-net無料ブログ作成
検索選択
痩せる 体脂肪 ブログトップ

世界一太りやすい「北海道人」(仮説) [痩せる 体脂肪]

本日の担当はパーソナルトレーナーの森脇です。

仮説とするにはデータがそろってしまっているお話をすることにします。
北海道に住んでいる人は「世界で一番太り、病気になりやすい」のです。
これにはまず大きな理由としてβ3受容体の遺伝子異常保有者が
3人に1人という高確率が挙げられます。
この遺伝子は正常に働いているあいだは食欲を抑制してくれるのですが、
遺伝子異常を起こすとその機能が消えてしまうのです。
ですからよく「肥満遺伝子」とも呼ばれているのです。
この肥満遺伝子は白人で10人に1人、黒人で4人に1人、
そしてモンゴロイドと呼ばれる私たち黄色人種は3人に1人が
この肥満遺伝子を持っているのです。
これは過去に2万年以上も飢えをしのぎ続けてきた人種だからという
説があるようで、飢餓時に脂肪を効率よく溜め込もうと遺伝子異常を
起し、その遺伝子を持っている人が優先的に生き残った結果だとも言われています。
そんなモンゴロイドの私たちが欧米人と同じような食事形態になってきたことで
「太りにくい人たちの食生活」を「太りやすい人種が食べる」という状況が
生まれてしまったのです。
※注意 見た目の太り具合が欧米人のほうがでかくなるのは、太ることが病気へ
つながりにくいからだといわれています。我々モンゴロイドはその前に病気に
なってしまうのです。
モンゴロイドが住んでいる国のなかで経済的に豊かで食生活が欧米化してきている国
といえば、日本が代表的だと思われます。ですからモンゴロイドの中でも
日本人は危険因子が多いのです。
そしてその中でも歩行数が全国平均を下回っているのは北海道なのです。
ちなみに東京は案外歩いているのです。これは車が使いやすいかどうかが
大きな要因となっているようです。ここ最近の北海道は車が使いやすく、
歩く量が少なくなってきたのです。
そしてこれから冬にかけて一層歩く量が減ることが予想されます。
すると、最も肥満遺伝子を持っている量が多い人種が、欧米化した食事を続け、
歩く量も減り、さらに冬となってより歩かなくなるのであれば、、、、
地球上で最も「太って病気になりやすい人種」=北海道人
ということになってしまうのです。
これはいかんでしょう。
この現実を受け入れて、決してあきらめずに自分の健康を自分で守って
行こうではありませんか。
そのために私が一肌脱ぎます。
まずはこのブログ→http://blog.livedoor.jp/quality_of_life/
の「痩せる」カテゴリをチェックしてください。
あなたにとって良いきっかけがあるかもしれません。


nice!(0) 
共通テーマ:美容・健康(旧テーマ)
痩せる 体脂肪 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。